ブログ

ブログ

生活

超音波洗浄機で洗ってはいけないメガネ

超音波洗浄機で洗ってはいけないメガネ

メガネ専門店に行くと超音波洗浄機が常設されていることでしょう。超音波で無数の気泡を発生させて綺麗にするのです。

その他にも腕時計や指輪・入れ歯なども洗うことが出来、一家に一台あっても良いくらいです。
ただし、どんなメガネでも入れて良いとは言い切れず、逆にコーティングが剥がれてしまったりフレームが歪んだり、部品が外れてしまったといったトラブルが起こることもある為に注意は必要です。

例えば、長年使ってきて劣化が激しいものだと、超音波の衝撃で壊れてしまうかもしれません。
ネジのゆるみや金具のサビなど確認した上で入れるようにしましょう。おしゃれアイテムともなるメガネ、木製や革製・べっ甲で出来たフレームのものを持っている方もいるかもしれません。
実はこれらはいずれも超音波を通さない材質、洗浄機にかけてもあまり効果が無いのです。
水との相性が悪いといった特徴も持つため、逆に材質の劣化を引き起こすこともあり入れないのが賢明です。

最近市販されているメガネのレンズのほとんどはプラスチック製です。
洗浄することで小さなキズが大きく広がる危険性があるのです。
初めは目に見えない程度だった傷も肉眼で確認できるようになって、それを汚れと勘違いしてしまうケースもあります。
それで更に超音波洗浄機の時間を長くすると逆効果、よけいにレンズを傷めてしまいます。

超音波洗浄機が使えないメガネも、くもり止めやメガネクリーナーを使ってお手入れすることは可能です。
汚れたままだと見えにくく視力低下にも繋がりますから、何らかの方法できちんときれいに管理しておいてあげるようにしましょう。
わざわざ専用のクリーナーを買わなくとも、台所洗剤や中性洗剤・アルコールでもレンズを洗うことは出来るのです。
洗った後は水気をしっかりと拭き取ること、そのままにしているとさびの原因となってしまいます。柔らかく清潔な布・あるいは専用のメガネ拭き・ティッシュなどを使えば良いでしょう。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top