ブログ

ブログ

生活

内祝いにはカタログギフトが便利

内祝いにはカタログギフトが便利

カタログギフトは、贈り物をしたい相手に対して品物を渡すのではなく、カタログを送ってその中に掲載されている品物の中から好きな物を選んでもらうというギフトのスタイルです。

大勢の人に贈り物をする機会が生じた時、相手の好みや家族構成などをもれなく把握し、1人1人にふさわしい品物を選ぶというのはなかなか大変です。
しかしカタログギフトであれば、それぞれが気に入った品物を自ら選ぶので、贈る側と贈られる側の双方にとってメリットがあります。

カタログギフトが活躍する場面はたくさんありますが、その1つに数えられるのが内祝いです。
内祝いとは元々は文字通り「身内の祝い」という意味で、おめでたいことがあった時にそのうれしい気持ちを親しい人たちにおすそわけするというギフトの習慣でした。
しかし現在では、お祝いごとに関して金品を下さった人々に対する返礼という意味で使われることが多くなっています。

内祝いを贈る機会としては、結婚祝いや新築祝い、開店・開業祝いなどがあります。こうしたお祝いごとでは、お祝いを下さった人々が披露宴やパーティーなどに出席しいただければ、そこで飲食を提供したりお土産を渡したりすることがそのまま返礼となります。
しかし出席しなかった人に対しては、内祝いを贈るのがマナーとなっています。
また、出産祝いや快気祝いなどの場合は、パーティーなどを行う機会はそれほど多くないため、原則としてお祝いを下さった人全員が内祝いの対象になります。

結婚や出産などの人生における一大イベントにおいては、生活環境が大きく変わるためその直前・直後は非常に忙しい時間を過ごすことになります。
開店・開業・就職などの場合も同様です。したがって、お祝いをいただいてもその返礼品を選ぶ時間をなかなか作ることができません。
かといって、お返しをする時期が大幅に遅れてしまっては失礼に当たります。カタログギフトは、そうした悩みを解決するのに役立ちます。

リンベルカタログギフト プレゼンテージシリーズならどんな内祝いにも対応します。

リンベルカタログギフト プレゼンテージシリーズであれば、価格の幅も広く、数千円のものから数万円のものまであります。
もちろんカタログの中身が価格に合わせて違いますので、いただいた金額に合わせてチョイスできます。
表紙が基本的におめでたい雰囲気の表紙にしてあり、結婚や出産など、偏った表紙デザインではないのが特徴です。

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top