一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

シルクホースクラブに出資応募してみて

抽選優遇制度というものがあるシルクホースクラブ。
外で聞く話と実際に応募してみての話では全く違うので実際に参加してみました。
参加してみてどうなのか、感想を書いてみたいと思います。

シルクの出資応募の仕組み

シルクホースクラブには出資応募で募集口数以上に応募が来た場合は、先着順ではなく、抽選となります。
出資馬口数割り当てには実績優先的に割り当てられる枠と2種類の抽選枠があります。

実績枠

まずは実績枠です。
過去3年間のシルクホースクラブの対象馬に出資している出資総額で優先的に割り当てられる枠です。
例えばとある馬に応募した人が多数いた場合、その応募した会員の過去3年間の出資実績総額から300口分を優先的にその会員に割り振ります。
なので、第一次抽選応募が締め切られた時点で総数が300口以下なら、この時点で全員実績枠で割り振りされることになります。
人気のある馬になると、500口募集の応募馬に対して2000口~3000口分の応募が集まると、実績枠300口のボーダーラインが1000万近くになることもあるようです。
ただし、この実績枠は上限が300口ですから、実績で残れなかった場合は抽優枠もしくは一般枠で残りの200口は割り振られます。

抽優枠(抽選優遇枠)

抽選優遇枠というものが各会員(新規入会希望者にも)1枠割り振られます。ここは実績や新規は関係なく全員が1枠です。
例えば500口以上の応募があり、抽優枠が200口を超えていた場合、実績枠の300口を引いた残り200口は抽選優遇枠のメンバーでの抽選で200口が決まります。
そうなると抽優指定していない一般抽選の応募については抽選されることも無く落選確定します。
稀に、複数口応募の組み合わせの関係で1~3口程度が上手く割り振りできなくて1~2枠が一般に回ることもあるようですが、ほとんどまれなケースのようです。

一般枠(一般応募抽選)

出資応募については各会員のほとんどの応募が一般になります。
抽優枠は1枠ですし、実績枠は事後に割り振られるので応募した時点では自分の応募が実績枠に入るのか一般に回るのかもわかりません。
(新規の場合は100%一般ですが、1口でも2口でも持っていた場合は実績枠での獲得の可能性は0%ではなくなります。)
今のシルクの場合、会員がかなり多いこともあり、3年実績100~300万円程度の方は募集馬への応募状況によっては実績枠で取れる馬もいたり、到底実績枠では無理な場合もあります。
一般枠については、基本的にそう応募口数が500口未満の場合は抽選が発動することなく応募者全員に割り当てられることと、抽優枠指定が200口以下の場合に一般抽選が発動します。
パッと見た限りでは、人気馬に抽優枠が集中してしまうこともあって、人気のない馬であれば一般枠でも取れないことはなさそうな馬も結構いました。
しかし、シルクは人気クラブの一つですから、ほとんどの募集馬は一般抽選まではいくでしょう。
1次応募の抽選結果が発表された時点でおそらく7~8割程度は満口になるのではないかと考えられます。

中間発表が面白い

2020年度は第一次中間発表は新規も含む一般公開されました。
第二次は会員限定で発表があったようです。

この中間発表は、シルク的には、まんべんなくすべての馬が満口になってくれれば理想的です。
そのため、人気が集中している募集馬の抽優枠を分散する意図もあって公開しているのでしょう。
シルクの抽優枠は締め切りまで変更が可能です。(現会員のみ。新規は変更不可)
なので、既存会員は最初の段階では素直に自分が一番希望する募集馬に抽優枠を割り当てますが情勢を見定めて変更します。
また、第二次発表があってから出資馬の応募をする方もいますので、第二次の発表があったときの口数の1.5~2倍程度を見込むようにと言われています。

参加してみて思ったこと

どうしても人気のある馬への偏りというのがあります。

  • 募集価格の安価な馬
  • ビデオで歩様の良かった馬
  • 大物の妹や弟
  • Youtubeやブログなので高評価を得ている馬
  • netkeiba.comの検討中リストインの数の多い馬

など、下馬評の良い馬はもちろん人気が集中します。
そして、そのような評価を下す媒体もあまりたくさんあるわけではないので、みんなが思う良い馬というのは同じものになる傾向が強いです。
みんな見ているものが同じなんだなと感じました。

当サイトの血統診断プログラムについて

血統診断プログラムについては馬体や歩様などは考慮していませんし、周りの声が入る余地もありません。
なので、今皆さまが見ている根拠とは全くファクターの違う要素です。
また、単純に走る種牡馬や走る母馬を見つけているのではなく、父馬と母馬の配合の妙味もデータ化していますから、思わぬ掘り出し物がいたりします。
今回の2019年度産駒についてはそんな馬が何頭かおり、私は出資応募しております。
シルク募集馬の血統診断については、応募が決まり満口となった募集馬から順次パスワード解除します。

抽選結果が出てから私が応募した募集馬は発表いたしますが、今回はもしかしたら一般枠でも取れそうな馬、抽優指定の馬はほぼ確定できそうな感じです。(書類に不備がなければ会員にはなれそうです)
もちろん中には人気が集中しちゃっている馬も血統診断では高評価で応募しているものもあります。
会員になってしまえば抽優枠の変更などでより効率的に出資対応もできそうですね。

Return Top