一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

シルクホースクラブの第一次募集抽選結果を見て感じたこと

2020年度第1次募集にて新規入会が決まりました。
始めて申し込みをしてみて感じたことを書いておきたいと思います。

私が当選し、出資が確定したシルクホースクラブ募集馬

落選した募集馬


抽選優遇制度と実績枠と一般抽選

シルクホースクラブには、募集応募確定のプロセスが3段階あります。
まず、応募総口数が500口以下の場合、全員が出資確定となりますが、500口より多い場合は3つの制度で順番に振られます。

まずは最初の300口は実績枠というもので優先的に確定します。
実績枠とは過去3年間のシルクへの出資額で決まるようです。
パッと見ていると満口以上の場合、実績枠は大体200万円以上、300万円以上の実績があれば半分以上の馬で実績枠で確保できそうです。
この額面は申込者の実際の実績額によって変わってきますので何とも言えませんが、2020年度は1000万円以上の実績という馬も現れました。
これは実績枠で滑り込むには3年間で1000万円以上の出資をした人が実績枠入りなので、実績1位の人は3000万とかあるんでしょう。。。もはや趣味の領域を超えていますね。

実績枠で滑り込めなかった場合は次は抽選優遇枠です。全会員に、実績等関係なく1枠だけ準備されます。
ほとんどの方はこの抽優枠をどう使うかで、1頭を確定させるかどうかという感じで動きます。
この抽優枠が200口以下なら、抽優指定をした時点で確定(実績枠で300口分割り振られるので残りの200口は、まずは抽優枠から優先で割り振るため)します。余った枠は一般抽選となります。
ここが重要なポイントです。

一般抽選は、500口以上で、抽優枠が200口未満だった場合に行われる抽選です。
シルクホースクラブはどんどん人気が高まってきており、この一般抽選の当選確率が著しく低くなりつつあります。

今回は抽優枠で1頭、一般抽選で1頭当選したということになります。

バシマーの19より当選しやすそうな馬がいたんですが。。。

チアズメッセージやシーイズトウショウ、イルーシヴウェーブあたりはバシマーよりも当選確率は高そうでしたが、それらは落選、なぜかバシマーに当選しました。
もちろん出資応募した馬たちはそれなりに評価の高い馬ばかりです。イルーシヴウェーブについては評価はBクラスとしましたがそれは、価格が高額のため2ランクダウンの評価としていました。
夢を追うならこの馬だということで、一般抽選で当せんするようなら夢を掛けて出資してもいいかなと思い応募しました。
この中で特に当選してほしいと思っていたのは、SS評価のマンドゥラとチアズメッセージでした。

マンドゥラとチアズメッセージとテルアケリー。抽優枠をテルアケリーに使った理由

SS評価のマンドゥラの19とチアズメッセージの19。S評価のテルアケリー。
SS評価の2頭のどちらかで抽優枠を使うことを当初は想定していました。しかし、私のチョイスはテルアケリーの19となりました。これには理由がありました。

マンドゥラは激戦になる可能性があり

まず、一番評価が高かったかもしれないマンドゥラの19です。
こちらは最初にはずしました。
理由は2つです。
1つは牝馬であること、もう一つは人気が高まりそうで抽優でも抽選になる公算が高かったからです。

初年度新規入会希望者は、抽優枠は一度指定して申し込むと変更が効きません。なので、申し込んだ時点が申し込み確定です。
なので、下馬評も高かったマンドゥラは確実とはいえなかったため、最初に候補から外しました。もし、抽優枠が200口に満たないようなら一般で当せんすればラッキーと思うことにしました。
私のポートフォリオ的には牝馬は基本的に敬遠なのでこの選択は容易でした。

チアズを選ばなかった理由は、人気です。

つぎに、チアズメッセージです。
こちらは悩みに悩みました。
なぜなら当初の段階では人気が無かったからです。
もしかしたら満口に満たず当選の可能性もありました。
こちらを外した理由は1つです。
それは、種牡馬です。
ロードカナロア産駒のチアズメッセージと、ハーツクライ産駒のテルアケリー。投資的価値からすると、多少晩成傾向のあるハーツクライの方が回収可能性が高いと判断しました。

テルアケリーを選んだ理由

はずす理由より選んだ理由が強かったのです。

人気が無い

公開された写真ではトモが薄くそして、動画を見ても、少し細く弱く見えました。
その結果やはり価格の割に人気となりませんでした。

これは、チアズメッセージにも言えたのですが回収可能性からテルアの方が魅力を感じました。

S評価

抽優枠を指定した馬はできれば必ず取りたい、そして、どうせなら期待が持てる馬に抽優を使って確実に取りたいと考えたとき、対象としてはSクラスかSSクラスです。
SクラスとSSクラスの差は大物排出の可能性に多少の差がある程度で、回収期待についてはそんなに変わらないと思っています。
種牡馬としてすでに実績がたくさんあるハーツクライ産駒の方が安定していると考え、テルアケリーを抽優の筆頭としました。

蓋を開けてみたら予想通りの展開、チアズでもよかったかな。。。

蓋を開けてみたらマンドゥラは抽優指定が200口を少し上回る募集状況。この時点で一般抽選の目はなくなりましたがわずかですが抽優でも外れる可能性がありました。
(私の知人はそれでも血統診断を信じて果敢に抽優指定をして当選されました。これも一つです。)
247口ですから、ほぼ当選しますが、わずかですが落選の可能性があります。できれば抽優は確実に取りたいと考えたとき、外して正解なのかもしれません。
ましてや私の投資的観点からは牝馬は一枚落として考えるので、牝馬のマンドゥラの19はケンで正解だったと思っています。

チアズメッセージの方はそこまで抽優は集まらなかったようですが募集口数は500口を超える口数となりましたが当選可能性は多少ありました。パチンコの確変と同じか少し悪いくらいです。
なので、こちらも一般でもよかったかなと思っています。

テルアケリー。結果として第一次で満口になるだけの口数は集めたようですが、抽優指定は100口に満たずでした。なので、抽優指定は確定しました。
なので、確実に1頭は確保できました。
チアズメッセージでもおそらく確実だったとは思いますが、先述の通り投資的観点からはテルアケリーの選択で正しかったと思っています。

テルアケリー、チアズメッセージは、総口数も抽優枠もほぼ同じくらい、イルーシヴウェーブは総口数は同じくらいで少し抽優指定が多かった感じです。
なので、チアズもテルアもどちらでも同じような感じだったと考えると、外れるのなら、チアズでよかった気がします。

そういう意味では満口の中でも人気のなかった馬3頭が当血統診断では評価がかなり高く、また、人気になっている、スイープトウショウやマンドゥラをしっかり高評価としているあたりはこの血統診断プログラムも大きくはずしていないのかなと思っています。
ちなみに大人気となったツルマルワンピースの19については悪い評価ではなかったのですが勝ち上がりが平均並みであることを気にしていたことと、応募開始前から異常な下馬評でしたので最初から申し込みもしませんでした。

ビックリのバシマーの19当せん

あるとしたらチアズメッセージの19の当選だろう。少し分が悪いけどイルーシヴウェーブは当選するかもしれないくらいで考えていたので、この結果にはびっくりです。
少し計算してみたいと思います。

チアズメッセージの19一般当選確率は

シルクホースクラブからの発表で募集総口数最終が667口、うち抽優枠指定が66口です。
なので、667口から実績枠の300口を引くと367口。そのうち66口は抽優で確定しますので301口。
500口中300口の実績枠分を引いたら200口、このうち抽優指定で確定が66口ですから、残口が134口です。
134/301=0.445右約45%が当選確率です。
1/2に満たないですが40%なら、ばたりと当たってもおかしくない。抽優指定で実績枠で当せんという人もいたかもしれないと考えると当選確率は約50%程度だったのではないかと推測されます。

イルーシヴウェーブの一般当選確率は

最終発表で641の138という結果。
300の実績を引いて341、ここから138を引くと203、200口から138を引くと62口。
62口を203口で抽選です。
62/203=0.305→約30%の当選確率です。
30%なら、運が良ければ当選するという感じの確率ですから、当選してもおかしくはなかったと思っています。

では、バシマーの19は?

バシマーの19は当初人気があったことによって、後半は申し込み口数で伸び悩み、最終的に997口の募集でした。
この時点で申し込み口数の半分は落選するわけですからすでに門は狭いですね。
抽優指定は、125口と、2000万円という募集価格だったことで、抽優を行使せずに当選したいという方の意図が見え隠れするような構図でしょうか。もし抽優なら確実でした。が、逆に言えば一般抽選はかなりもんが狭くなりました。
ショウナンパンドラの19あたりは総口数が959に対して抽優指定が327口と激戦となりました。抽優で200口を超えているので一般抽選は落選確定です。
バシマーの一般抽選の当選確率は、
997-300=697
697-125=572
200-125=75
75口を572口で抽選です。計算する前から数字が小さいことがわかってしまいますね。
75/572=0.1311→13%です。これはこれは...狭き門ですね。
チアズに当たらずバシマーに当たる。これも何かの運命なんでしょうね。
しかもバシマーは評価としてはSクラスです。シーイズトウショウやイルーシヴウェーブに当選するより回収期待値は高いので、そういう意味からしても理想的な当選状況となりました。

シルクホースクラブで出資するには

シルクホースクラブのこの実績枠制度、抽優制度に大して批判される方も大変多いです。多いですが私は結構好きです。
ちゃんと理解して立ち回れば1頭は確実に取れると思いますし、一般抽選でも30~40%台なら、何頭かに1頭は当選できるかもしれません。なので、私は現行制度で全く問題はないと考えます。
問題なのは、選択する際の評価です。
どうしても馬体画像や表面上の血統で判断するとみんな同じ馬が良いと思うわけですから人気が集中する馬は出てきます。
人気が集中する馬を評価している方にしてみると、この制度では実績はかなりの額面になるし、1枠しかない抽優をどこに使っても激戦となり、もうちょっと何とかならないのかと考えてしまうのも頷けます。
その点で私は独自で開発した血統診断プログラムがあり、その中で掘り出し物といえる馬を見つけることができますので、高評価の馬の中で抽優で確実に取れそうな馬がいれば、その馬に抽優を指定することで確保はできそうです。
もちろん血統診断の高評価の馬が軒並み人気となり良い馬がいないという時もあるでしょうが、それはそれで仕方がない、抽優でより可能性の高そうな馬に指定をもっていくしかないでしょう。
それでも、シルクで高評価の馬を確保はできないことはないとわかりましたので、今後も継続してシルク募集馬には投資していくことになりそうです。
結論として、独自の見る目を作り、ほかの方が評価しない馬の中でも評価できる何かしらのプロセスがあればいいのではないかと思います。
人気した馬だけが走るわけでもないですし、人気が無かった馬でも走るときがあります。
シルクで有名なのはブラスとワンピースとアーモンドアイです。募集当時はそこまで人気していなかったと聞きます。なら、人気1位だから重賞クラスかというとそうでもなく、人気が無いからダメなのかというとそういうことも無いということです。何か独自の見抜く目があれば、抽優枠を有効に生かし、思惑通りの出資状況を作ることも不可能ではないのかもしれません。

新規入会時に少し優遇がある?ない?確率の問題です。

風のうわさでは、新規入会時に、1頭だけ1口だけの応募(もちろん抽優枠指定)とすると、その入会希望者の1頭1口を落選させると新規入会につながらないので当選しやすいなどという噂がありました。
これが本当なのかどうなのか、複数頭に申し込んだのではっきりとわかりません。
しかしながら、抽優枠を指定すると、1番人気だったルールブリタニアは抽優で1100口ありますから当選確率は抽優でも20%を切ります。
しかし、抽優を指定すればそれでも20%前後の当選確率で当せんしますし、人気TOP10のスイープトウショウでも抽優指定は483口、200口がこの483口で割り振られると考えると200/483の当選確率です。当選してもおかしくありません。
なので、新規入会優遇などは存在していないと考えます。
それよりも、抽優の指定馬が確実に取れるほうが優遇を考えるよりよほどいいですし、複数頭の応募をしておくことで一般抽選に回れば運良ければ当選します。
こちらの方がよほど新規入会時に確実に取れる方法だと思います。
全頭に応募すれば満口未満の馬は確実に取れたわけですし、1頭1口と絞るより素直に自分でいいと思った馬に抽優指定を行い、良いと思った馬は当落関係なく応募はしておくことの方がよほど確実性が高まると思います。

来年また新規入会を検討される方は、そのような考えをもって応募に挑まれるといいと思います。

Return Top