一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

血統診断(無償公開分)してほしい競走馬を募集します!

当サイトで公開する血統診断の診断結果内容が決定いたしました。

距離適性や馬場適正などを無償公開します

無償公開部分としましては、血統診断から読み取れる適正部分を無償公開させていただくことといたしました。

このような情報となります

【イスパニダの19】(牡)~血統診断-馬場・距離適性-~シルクホースクラブ

兄や姉はダート馬でしたが、本馬の父はバリバリの芝血統...さぁ、どう出るのでしょう?

このようなケースが結構あるのが馬産の世界です。
なので、一口クラブの募集馬にもそういう馬はたくさんいます。
当血統診断では、近い配合をなされた過去の競走馬の競走実績から、芝・ダートの適性を推測しようという試みです。
もちろん、90%以上が芝の実績があったとしても、今回の募集馬が芝で走るとは限りません。性格的なものや脚元の形などでダート戦に向かう可能性もあります。
しかし、出資手前の段階で、統計的に芝が多いのかダートが多いのかわかることはかなり重要だと思います。
父もダート、母系の血統もダート種牡馬で固まっているのに、配合的な実績は出走はダートが多いが勝率や入着率では芝の方が率が良いなどということもあります。
結果、全兄がダート馬だと思われたのに芝で活躍した理由にも頷ける。そういう診断を目指しています。

皐月賞やダービーなどのクラシックディスタンスを走れそうな血統だけど?

父がダービー馬。そうなると、産駒に期待したいのはやはりダービーとなります。
しかし、蓋を開けてみると、マイル戦でさえも距離が長いと調教師が言う。。。これもよくあるケースです。
もちろん、気性的な問題や前駆や後肢の発達具合など、血統だけでは読み取れない個体の癖みたいなものもありますので、一概に距離適性はこれが最適だとは言えませんが、配合的に距離適性が長い・短いという傾向があるはずだと思い、分析するプログラムを組みました。
結果として傾向は読み取れるものができました。
同じ種牡馬でも母馬の系統で短い傾向があったり長い傾向があったりしますのでこれは一つの傾向として参考になるものだと思います。
父がディープインパクトで母父もステイヤーと言われた種牡馬なのに、その配合ではマイル戦での出走回が異常に多いということや、父はマイラーと言われたのに、クラシックでよく見かける種牡馬でただし、大物以外はマイラーが多い種牡馬であったり。そう言ったものを配合という見地から統計的にどうなのかを診断できるものとなります。

逃げ?追込み?脚質傾向

逃げや追込みといった極端な脚質の馬は気性に難があるなどはよく言われることです。
統計的にその配合でどのような脚質の馬が多いかどうかを読み解くことで当馬の気性的な面がわかるかもしれません。
そんな思考で、脚質傾向を呼び出せるようにしてみました。

そんな適性診断を無償にて公開しております

特に一口馬主クラブの馬の適性診断を中心にやっております。
現在すでにデビューしている愛馬も募集当時までのデータで冷静に診断できますので古馬でも構いません。
ぜひ診断してほしい競走馬をお教えください。

Twitterにて診断希望馬を募集しております。

まずは当twitterアカウントをフォローしてください。
フォローしていただけましたら下記ツイートにコメントが残せるようになりますので、下記ツイートに返信にて診断希望馬をご記載ください。

コメントをいただき確認させていただき、診断結果が出せる馬は公開させていただきます。

診断できない馬がいます。

新種牡馬で父系統が日本であまり流行していない馬

例えばモーリスのような父系統が伸びきって、近い血統の馬がサンプルで全く検出されないような新種牡馬は診断できません。
今だと、モーリスとドゥラメンテはサンプルが少なく診断できません。
逆にキタサンブラックはブラックタイドがディープインパクトの全弟という絡みもあり、診断は可能です(が、かなり父系統をさかのぼったところにいるサンプル”のみ”になるので、まだまだ信頼性が乏しいと思われます。)
ある程度産駒を輩出している種牡馬の方が安定した傾向が読み取れると思っています。

サンプルが少ない馬

上記を踏まえて、母父が珍しかったり、父も母も海外から輸入して間もない場合など、日本競馬出走経験がある同系統の競走馬、いわゆるサンプルが少ないと、しっかりした傾向が出ない可能性が高くなります。

あまり気にせずお問い合わせください!

診断可能かどうかはご用命くださればこちら側で一度診断してみます。
数字が出せない場合はスイマセン診断不能ですとコメントいたしますので、気になさらずお問い合わせくださいませ。

今すぐフォローして問いあわせる

Return Top