一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

【ホワイトローズ2の19】(牡)~血統診断-馬場・距離適性-~サラブレッドクラブライオン

【ホワイトローズ2の19】(牡)~投資のための血統診断~サラブレッドクラブライオン

競走馬名未定/ホワイトローズ219/ホワイトローズ2の19/ホワイトローズ2の2019/ホワイトローズ22019

このページはホワイトローズ2の19の血統診断(適性データ)です。

公開している診断データは馬場・距離の適正傾向と脚質傾向を無料にて公開しているデータになります。
勝ち上がりの可能性や期待できる獲得賞金などのデータも算出できます(有償)。ご興味のある方は当サイトのツイッターをフォローの上、ダイレクトメールにてお問い合わせくださいませ。

【競走馬名未定】(ホワイトローズ2の19)血統診断
競走馬詳細

父:ダイワメジャー(父の父:サンデーサイレンス)
母:ホワイトローズ2(母の父:Tapit)
性別:牡
募集総額:2,400万円
クラブ:サラブレッドクラブライオン
サンプル頭数:31頭
netkeiba.com【競走馬名未定】(ホワイトローズ2の2019)

ホワイトローズ2の19の血統診断データ

期待出走数

12.684210526316走

期待勝利数

2.3684210526316勝

全体の勝率

15.1%(サンプル総数:302走)
芝勝率
15.14%(33/218)
ダート勝率
15%(12/80)
障害勝率
0%(0/4)
ホワイトローズ2の19の馬場適正

ホワイトローズ2の19の芝・ダート適性(全体出走:302回)

ホワイトローズ2は、出走ケースは圧倒的に芝が多いですが、勝率や入着率で比率を見ると、半々程度であることがわかる。
これは、配合的な要素や馬体などで関係者が芝に向いていると判断されるケースが多いので、芝での出走ケースは多いのだが実は案外とダートも走れるということであろうと推測される。
本馬についても育成から二歳にかけては芝志向で走ることと想定されます。
その成績や走り次第でダートへコンバートする可能性があり、コンバートしたほうがいい成績を残す可能性を秘めていると考えられます。
ホワイトローズ2の19の距離傾向

ホワイトローズ2の19の距離傾向

ホワイトローズ2の19のサンプルデータからは、中距離(1600~2200m)に適性がありそうです。
ダイワメジャー産駒なのでマイラーのイメージが強いですが、マイル以上、2000m前後くらいを得意距離としそうな気配です。
また、2200m以上のレースにも出走する機械があることを考えても距離適性の問題はそこまで出ないのではないかと推測されます。
マイル~中距離が最もレースの多い距離ですし、レース選びで困ることは少なそうです。
ホワイトローズ2の19の脚質傾向

ホワイトローズ2の19の脚質傾向

ホワイトローズ2の19のサンプルデータからは、差し・追い込みが逃げ・先行より多いようです。このことから、切れ味の鋭い馬が良く出ているようです。
統計的に追込み脚質もそこそこあることから比較的後方に控えるような競馬をする傾向があるのかもしれません。
最終コーナーから直線に掛けて一気に追い上げてくるようなイメージです。
Return Top