一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

【ティーエスベリーの19】(牝)~血統診断-馬場・距離適性-~サラブレッドクラブライオン

【ティーエスベリーの19】(牝)~投資のための血統診断~サラブレッドクラブライオン

競走馬名未定/ティーエスベリー19/ティーエスベリーの19/ティーエスベリーの2019/ティーエスベリー2019

このページはティーエスベリーの19の血統診断(適性データ)です。

公開している診断データは馬場・距離の適正傾向と脚質傾向を無料にて公開しているデータになります。
勝ち上がりの可能性や期待できる獲得賞金などのデータも算出できます(有償)。ご興味のある方は当サイトのツイッターをフォローの上、ダイレクトメールにてお問い合わせくださいませ。

【競走馬名未定】(ティーエスベリーの19)血統診断
競走馬詳細

父:キズナ(父の父:ディープインパクト)
母:ティーエスベリー(母の父:New Approach)
性別:牝
募集総額:1,320万円
クラブ:サラブレッドクラブライオン
サンプル頭数:17頭
netkeiba.com【競走馬名未定】(ティーエスベリーの2019)

ティーエスベリーの19の血統診断データ

期待出走数

14.75走

期待勝利数

2.5勝

全体の勝率

7.52%(サンプル総数:133走)
芝勝率
9.38%(6/64)
ダート勝率
5.8%(4/69)
障害勝率
0%(0/0)
ティーエスベリーの19の馬場適正

ティーエスベリーの19の芝・ダート適性(全体出走:133回)

ティーエスベリーの19のサンプルデータからは、ちょうど半分前後が芝・ダートのレースとなり(芝:48.12%・ダート:51.88%)、芝・ダートどちらも走れる可能性がある。
これは良い方に出れば万能といえるが悪い方に出ればどの馬場も走れないということにもつながりかねない。

こちらの診断の場合、出走回数はほぼ同じ程度で、勝ち上がりは芝がわずかに上回り、入着はわずかにダートが上回ることから
ダート戦に回った場合、勝ち切れず入着どまりと考えるか、ダートでは少し良くなるため芝ではできなかったクラスでの入着がダートではできてしまうのかもしれない。
どちらにしても芝・ダートで極端にダメだということはなさそうなので、性格や馬体の作りなどで適正な馬場を選べるだろう。

ティーエスベリーの19の距離傾向

ティーエスベリーの19の距離傾向

ティーエスベリーの19のサンプルデータからは、中距離(1600~2200m)に適性がありそうです。
配合的にも、短いより長そうな血統だから、推定通りのディスタンス適性と出ていると言えると思います。

ティーエスベリーの19の脚質傾向

ティーエスベリーの19の脚質傾向

ティーエスベリーの19のサンプルデータからは、差し・追い込みが逃げ・先行より多いようです。このことから、切れ味の鋭い馬が良く出ているようです。
差し脚質が最も多いようです。中段から控えて最終コーナーまでに先頭に追い付くような戦法が多そうです。
レースペースに惑わされることが少ないでしょうから、毎回自身の能力をフルに発揮できるようなレースができるかもしれません。

Return Top