一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

【クロンヌの19】(牝)~血統診断-馬場・距離適性-~シルクホースクラブ

【クロンヌの19】(牝)~投資のための血統診断~シルクホースクラブ

競走馬名未定/クロンヌ19/クロンヌの19/クロンヌの2019/クロンヌ2019

このページはクロンヌの19の血統診断(適性データ)です。

公開している診断データは馬場・距離の適正傾向と脚質傾向を無料にて公開しているデータになります。
勝ち上がりの可能性や期待できる獲得賞金などのデータも算出できます(有償)。ご興味のある方は当サイトのツイッターをフォローの上、ダイレクトメールにてお問い合わせくださいませ。

【競走馬名未定】(クロンヌの19)血統診断
競走馬詳細

父:エピファネイア(父の父:シンボリクリスエス)
母:クロンヌ(母の父:ダイワメジャー)
性別:牝
募集総額:1,800万円
クラブ:シルクホースクラブ
サンプル頭数:14頭
netkeiba.com【競走馬名未定】(クロンヌの2019)

クロンヌの19の血統診断データ

期待出走数

10.8走

期待勝利数

1.4勝

全体の勝率

7.95%(サンプル総数:88走)
芝勝率
8.93%(5/56)
ダート勝率
6.25%(2/32)
障害勝率
0%(0/0)
クロンヌの19の馬場適正

クロンヌの19の芝・ダート適性(全体出走:88回)

クロンヌの19のサンプルデータからは、半分程度以上が芝のレースであり、(芝:63.64%・ダート:36.36%)、そこそこ芝適性があると言える。
ただし、母系の傾向や馬体・馬格、性格などによってはダートも走れる可能性がある。

クロンヌの19の距離傾向

クロンヌの19の距離傾向

クロンヌの19のサンプルデータからは、短距離(1600m以下)に適性がありそうです。
マイル以下のレースは2歳戦からたくさん準備されているのでレースの選択肢の幅は広いと考えられます。また古馬になってからもスプリント・マイルのG1体系がそろっていますので、出走レースに困ることはないでしょう。

クロンヌの19の脚質傾向

クロンヌの19の脚質傾向

クロンヌの19のサンプルデータからは、逃げ・先行が差し・追い込みより多いようです。このことから、スピードのある競走馬が良く出ているようです。
先行脚質が逃げ脚質よりも多いようです。スタートからいい位置につけそのまま押し切るようなレースが多いでしょう。逆に言えば、決め手が無く、直線に向かってずるずる落ちる可能性もあります。生来のスピードがあるかどうかが見極めのポイントになりそうです。

Return Top