一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

ロンコーネ近況~2020.11.15~

サラブレッドクラブライオンよりロンコーネの近況が報告されました。

11/15(日)東京競馬第6レース、2歳新馬、ダート1600m、13頭立て、津村明秀騎手騎乗でデビューし2着。馬体重は490kgでした。

騎乗した津村騎手は
「返し馬でトモがハマるまではしっくりこなかったのですが、実戦でもハマりきらないような感じでした。調教でもそうですが、成長途上で体が緩いことに加え、初経験のことに対して気を使いすぎてしまう感じがします。物見が激しくてできればハナには行きたくなかったのですが、押し出されるような形でハナへ。ずっと物見をして不安そうにフワフワ走っていましたが、勝ち馬に交わされてからはしっかりと走ってくれました。能力はありますので、経験を積んで課題を克服させたいですね」
とコメント。岩戸調教師は
「結果は2着ということで、力のあるところを示してくれましたが、課題が多く残りましたね。勝ち馬にもう少し砂を被せたかったですし、逆に追いかける形なら違う展開になっていたかもしれません。それでも今後に向けて期待が持てるレースをしてくれましたし、能力は再確認できました。レースや調教を積んでいきながら課題を克服できるようにしていきたいと思います。状態を確認しながら今後のご相談をさせてください」
とコメントしていました。

今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。

とのことです。

正直なところ、募集価格からも、目標掲示板展開が向けば表彰台も。。。程度で考えていましたのでこの2着は大変大きいですね。
なおかつ、今回に関しては課題も多く、展開も向かなかったうえでの2着のようですので、次への期待がかなり高まってしまったのも事実です。
年内勝ち上がりが理想ですが、気性的な面などの問題も出てきているようですし、このままダート路線なら、春は特に大きなところも無いので、慌てずゆっくり仕上げてもらってもいいのかなと思ったりもしています。
なんにせよ、調教師・騎手ともに、ロンコーネには合っていると思いましたので、全幅の信頼を寄せられるのではないかと思いました。
次のレースが楽しみですね。

Return Top