一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

一口馬主ポートフォリオ~2020年3月の状況~

3月。
明けて3歳になった2018年度産駒たちは、クラシックトライアル真っただ中。
クラシックシーズンへと突入していっております。
当ポートフォリオも18年度産駒が初年度なので、1頭や2頭、クラシックに挑戦できる馬が現れている。。。と思っていたのですが、現れませんねw
シルクホースクラブで残口の再募集がありました。
なんとか1頭当選しました!

バトルフロント

バトルフロント近況~2021.03.15~

まだまだ育成場に張り付きのバトルフロント。
今月中に入厩でもしてくれればいいのですが。。
気持ちの前向きさについて、もうどうにもならない気もしていて、一度走らせてみるのが良いんじゃないかと思ったりしています。。。

バトルフロント近況~2021.03.31~

いよいよ入厩のにおいもしてきました。
暑くなる前には入厩そしてデビューとなりそうな気配でしょうか。
走れば強い。。。と思っています。。w

オンヴァガニエ

先月末から気にされていたオンヴァガニエ。
続報が入ってきました。

オンヴァガニエ近況~2021.03.04~

3時間の輸送にも耐えられない状態というのは結構な重症ですよね。。。
原因がわからないというのもちょっと。。。
今後を考える必要があるのではないかと思います。

オンヴァガニエ近況~2021.03.15~

続報を見る限りでも、おそらく奥の深いところで怪我をしている可能性が高そうで、一過性のものということはなさそうです。。。
こうなると、未勝利戦があるうちに復帰もできないでしょうし、地方に転籍したとしても、強めの調教前に怪我をしてしまうわけなので...
今後を考えるほうがいいのかもしれませんね。

オンヴァガニエ近況~2021.03.31~

少し改善してきたようですね。
とはいえ、今後どうしていくのでしょうか。
今ココで坐骨骨折あたりで、全治半年の診断が下れば、復帰できるのはおそらく4歳になってからです。
私のポートフォリオではミンナノヒーローが同じように、デビューできず4歳を迎え、本年4月に地方でやっとデビューできるかもしれないという状態になってきました。
同じような道を歩むのか、引退か。。。
なににしても続報が待たれます。

プレイイットラウド

プレイイットラウド近況~2021.03.15~

これは、ラウドのみならず、ライオンの競走馬は育成場での扱いが少しひどいですね。。。
先般ほかの競走馬の調教師も怒っていましたが、こういう未然に防げそうなミスはなるべく犯してほしくないものです。
ラウド自身はそろそろ入厩の声がかかりそうな気配になってきましたね。
田中調教師の初勝利を献上する予定でしたが、先週田中調教師は初勝利をしてしまいましたねw
2勝目はぜひラウドでお願いしたいものですね。

プレイイットラウド近況~2021.03.27~

いよいよ帰厩しましたね。
さて、転厩初戦。どうなるか楽しみです。目処が立てばいいなとあわよくば的に考えていますw

フォルティウス

フォルティウス近況~2021.03.15~

いよいよ入厩リーチといったところですね。
というか、もうクラシックが始まろうかというこのタイミングで入厩するしないを言っている3歳を3頭も抱えている私って。。。

嘆いても始まりませんので、デビューから走ったねと、びっくりするような走りを期待しています。
本馬の場合、写真を見ると、前駆がなんかすごいですね。
新日本プロレスの棚橋弘至選手を彷彿とさせる胸板ですw
その分トモが薄く感じられますが、これからパンパンになっていくはずです。

フォルティウス近況~2021.03.19~

入厩しました。
まずはゲート試験ということですが、ゲート試験通過後は速やかにデビューに向けて強い調教をしてくれそうですね。

フォルティウス近況~2021.03.25~

まずはゲート試験ということですが、ゲート試験に合格したらすぐにでも出走へと向かってほしいですね。
調教師の感触ではダートで走れそうかもということで、今ちょうどダートの未勝利戦はたくさん番組が組まれていますからね。
ぜひカチッと勝ち上がって3歳馬は安馬三頭が一番走ったと言わしめていただきたいものです。

ロンコーネ

3月18日もしくは19日に出走を予定しているロンコーネ。ここまで順調にきているようです。

出走確定!3.18中山3R

ロンコーネ近況~2021.03.11~

3.18に出走が確定しました。
調教内容もよく、ソエも収まりがちですので、ここは確勝で...

しかし当日、雨。。。

18日、中山競馬場は豪雨に見舞われました。
芝コースはほとんど田んぼ、ダートコースはぬかるみといった感じまで雨が降り、いろんな意味で荒れ模様でした。
しかし、ロンコーネはもともと前に付ける脚質のため、道悪は、歓迎材料だと思いましたが、それらを飛び越えるくらいの道悪で、適正云々とか、前残りが云々とかという次元でもなかった気がしました。
とはいえ、中山についてはこの日はある程度前、直線向いて5番手くらいまでに位置づけしていないと差し切れないほどパワーのいる馬場だった気がします。

そして、結果は...

ロンコーネ近況~2021.03.13~

2着。。。
本当に残念でした。
ほとんど勝てる勢いでしたが、展開の差と、ハナに立つと少し遊んでしまったそうで、惜敗です。
本当に次こそは確勝で。。。といったレースぶりなので、めどはたっていますが早め早めで勝ち上がってもらいたいものですね。。。

次は4月4日!

いよいよロンコーネは相手を見てレースを決めるのではなく、相手がロンコーネの出走状況を見て出走するかどうかを決める立場になりました。

ロンコーネ近況~2021.03.25~

未勝利戦クラスでは2着2回、3着1回なので横綱といえますね。
なので、相手の力関係をロンコーネが見るのではなく、相手がロンコーネが出るのに対して出走するかどうかを考える状態になります。
早いところこのクラスは卒業して、3歳ダートの大きなところを目指していきたいですね。

ラヴォラーレ

蹄骨骨折から療養中のラヴォラーレです。

ラヴォラーレ近況~2021.03.05~

ラヴォラーレ近況~2021.03.12~

その後療養は順調で、いよいよ騎乗運動を再開しました。
このペースなら今月末にも、少し強めの調教に戻れるのではないかという気がしました。
骨折箇所が箇所なんですが、今のところ、骨もくっついたようですし、ラヴォラーレ自身が痛みを感じていないようなので、少し安心しました。
春のうちに復帰し、2~3戦も重ねていれば勝ち上がりはできるはずだと信じています。。。

ラヴォラーレ近況~2021.03.19~

騎乗運動も再開し、距離を伸ばしています。
このペースなら来月頭には強めの調教に移行しそうですし、順調ならダービー前には復帰できそうですね。
新馬戦も減ってくる時期なので、早めに復帰して勝ち上がってくれればあとは楽ができるというものです。

クラブサイドからも早期復帰の可能性コメントが!

公式Twitterでも、動画とともに、早期復帰の可能性を示唆するコメントが上がりました。
今回の療養は悪い事ばかりではなく、精神的に成長した感じがうかがえることと、馬体が非常に詰まった感じになった気がします。

ブレイブライオン

ポートフォリオ外ではありますが、夢出資のブレイブライオン。

ブレイブライオン近況~2021.03.15~

ということで順調のようです。春のうちに軽めの乗りこみ運動まで進めることができれば夏の北海道シリーズあたりで復帰とかできるんじゃないかなんて期待が出てきましたね。
能力はあったので、走ることができれば勝ち上がってくれて、そしてそのあとはゆっくり出世していけばいいのです。

ブレイブライオン近況~2021.03.31~

なるほど、未勝利戦ではなく、1勝Cからのスタートを考えますか。
無しではないでしょうね。

2019年度産駒

いよいよ本州への移動、入厩の声も聞こえてきました2歳馬。
早い馬はもうゲート試験を受け始めている馬たちもいるようです。
当ポートフォリオ馬たちはどうでしょうか。

ケリーズノベル

現状では順調と言えるケリーズノベル。
このまま順調にすすめば春にも本州移動というスケジュール間で進んでいるそうです。

ケリーズノベル近況~2021.03.01~

2019年度産駒では最も期待している一頭なだけに、順調でかつ慎重に進めていってほしいものです。

カルトゥーシュ

ここまでは順調に来ていたカルトゥーシュ。
いよいよという段階になってきましたが、まだまだ体つきが子供だということです。

カルトゥーシュ近況~2021.03.01~

現状の調整進度と成長を考えると秋頃にはデビューという感じだそうです。
早ければいいというものでもありませんから、お馬さんの成長に合わせて慌てることなく育成してください。

メッセージソング

シルク再募集で当選しましたメッセージソング。
元々ケリーズノベルに次いでほしかったお馬さんでした。
第一次募集の応募締め切り、当選者発表から間もなく骨片が見つかり手術となったことで、応募キャンセルの受付をした関係で、90口以上の残口がありました。
再募集の応募総数が300口程度でしたので1/3程度の当選確率でした。ほかのお馬さんは1.5次募集の時点で埋まったうえでのキャンセル枠なので1口とか3口とかの小口でその1口に400~1000口の応募が殺到しているので本当にパチンコを1回転で当てるみたいなそんなレベルの確率でしたね。。。
メッセージソングだけはそこそこの当選確率でしたし、私は当選してくれたらうれしいと思っていました。

チアズメッセージの19(メッセージソング)に出資いたしました。~シルクホースクラブ再募集馬~

結果的にシルク初年度19年度産駒についてはおおむね理想的な3頭への出資が叶い、満足度は高くなりました。

ホワイトローズ2の2019

ここまでも順調にきているホワイトローズ2の2019。
本州移動はいつになるのか気になってくるところです。

ホワイトローズ2の2019近況~2021.03.15~

引き続き順調のようですね。
どんどん馬体が大きくなっていっているのが大変気になりますが、その割には丈夫で軽く走っているようですね。
パワータイプのマイラーになる想像が浮かんできますね。
このまま順調なら来月あたりにも本州へ移動しそうな気もしますね。

馬名決定!

エメヴィベール
オールドローズの一種の白薔薇。母名より連想

素敵な名前になりましたね。
ただ、舌カミそうですw

エメヴィベール近況~2021.03.31~

引き続き順調のようですが、どうにも馬体重がどんどん膨らんでいっています。。
もう580㎏に届こうかというところまで来ていますね。
さすがにここまでくると大きすぎるので、絞っていってほしいです。
まあ、馬体を見ても余裕残しは間違いないですが、このままではデビュー時550㎏というところでしょうか。
成長していくとどうなるのやらw
骨も太く大きそうですし、大型馬なのは間違いなさそうですね。
ヒシアケボノのような例もありますし。期待は変わらず大きいです。

ガヴィオラの2019

ガヴィオラの2019近況~2021.03.15~

想定以上に順調なガヴィオラの2019。
何度も指摘してきましたが、当馬の場合母親が高齢出産ということで、産駒の体質的な弱さを大変気にかけていましたが、どうやら杞憂に終わりそうですね。
怪我とは無縁の状態で、バシバシ強め調教を行えているようですね。
ライオン19産駒は18産駒のように、本州移動に手惑わず、サクッと早いうちから走ってくれそうな気配が出てきましたね。

本州移動!

3月22日に本州へ移動したようです。
本州へ移動するというのはいつでも入厩できる状態にしておくということなので、早期デビューも期待できそうですね。
到着次第少し落ち着いて入厩・ゲート試験、いったんリフレッシュ、そしてデビューへ向け再度入厩という流れになるのでしょうか。

馬名決定!

インパクトベースン
大隕石孔。スケールの大きな走りを期待して。母名より連想

良い名前ですね!意味はよく分かりませんが。。w。

インパクトベースン近況~2021.03.31~

本州へ移動しました。
落ち着いたら入厩→ゲート試験→リフレッシュ→新馬戦の流れでしょうか。
今4月になったばかりなので、早ければ2歳戦が始まってすぐデビューも可能性がありますね。
期待したいです。

クインポルカの2019

クインポルカの2019近況~2021.03.15~

一番急成長がクインポルカでしょうか。
馬体写真は冬毛が多く残った写真で見栄えはしませんが、育成内容は目を見張るものがあります。
また、写真は冬毛が目立ってわかりにくいかもしれませんがトモのはりが私のライオン出資馬の中ではぴか一だと思います。
確かこれで芦毛だった気が...w

馬名決定!

イエヴァンポルッカ
フィンランドのポルカ

なんか、魅惑的なお名前ですね!
秋のG1でアナウンサーが絶叫していそうですw

イエヴァンポルカ近況~2021.03.31~

私のライオン出資2歳馬の中では遅い進行ですが、全体から見るとちょうど真ん中の進度といったところでしょうか。
夏~秋にはデビューできそうでしょうか。
これでも、下手をしたらバトルフロントより早くデビューするかもしれませんw

フィニッシュムーヴ

フィニッシュムーヴ近況~2021.03.17~

いよいよ15-15を定期的にこなし始めました。
近いうちに本州への移動、デビューに向けて動き始めてもいいのかなと思います。
ローレルさんは順調ならそんなにまたせずデビューすることが多いですから、期待したいですね。

ミンナノヒーロー4月にもデビュー?

再ファンド予定のミンナノヒーローですが、4月10日に水沢競馬場で能力検定を受けるそうです。
能検に通れば、C2クラスに組み入れられ、そして本レースに出走できることになります。
調教師は4月後半のレースあたりでデビューさせたいとのことです。
脚元の不安さえ払しょくできれば水沢競馬なら、あっさりと連勝してJRAに復帰再ファンド決定となりそうですが。。。やはり足元の不安が大きいでしょうね。
最近ツイッターで見た動画だと、バランスの悪さもずいぶん薄れたような気はします。
大きなところまで狙えなくてもいいのですが、JRAのレースでどんな走りをするのか見てみたいです。

編集後記

オンヴァガニエのデビュー直前での再離脱は、大変残念です。
まだ走ったことがないのでタラればしか言えませんが、18年度産駒ラインナップの評価としては最高評価の一頭でした。
また、以前トレセンで追い切った内容を見ても悪くなさそうでしたし、フットワークの良さや馬体のデキなどからも勝ち上がりはできそうだと思っていただけに、本当に残念な結果です。

18年度産駒が本当に散々な状態ですので、翌年以降のことを考えると19年度産駒のラインナップを増やした方がいいのではないかと感じていて、いま、3頭ほど候補がいます。
どれもまだまだ残口がありそうなので、もう少し考えて、もう少し3歳馬の動向を見てから出資するかどうか決めたいと思います。
シルクで、期待していたチアズメッセージの19(メッセージソング)に縁があって出資が叶いました。
これでラインナップ問題の1/3程度は解決したかな?と思っていて、あと、ライオンとローレルで1頭ずつ出資できれば理想的かもしれませんね。

それと、この時期はまだ2歳新馬戦が組まれていませんから、クラブが発表するレポートや過去の動画などを見るくらいしかないのですが、何度も見ているうちに、何となく一つ見えてきたものがあります。
募集時の動画などで歩いている動画などを見ていると、良さそうな馬の歩き方に特徴がある気がしてきました。
まあ簡単に言えば力強く地面を蹴るというか、そういう類のものです。
もちろん撮り方や、そう見える撮影のしかたなどもあるのかもしれませんが。。。
血統診断と動画での歩様の確認で、ずいぶん良さそうな馬を絞ることができる気がしてきました。

今私が出資している19産駒の中で歩様が良く見えたのは、

  • エメヴィエール
  • インパクトベースン
  • ケリーズノベル

の三頭です。中でもエメヴィエールは見たことがないくらいの力強さで、これが大型馬だからなのか、芦毛だからなのか。。。そこまではわかりませんが。。。
さて、この3頭のうち一頭でも重賞戦線を沸かしてくれるようなら、この歩様チェックもまんざら間違ってないことになりますが。。。
今のところ3頭とも、春にも本州へ移動しそうですし、順調に見えますが。。。

さて、どうなることやら。

過去のポートフォリオ日記

Return Top