一口馬主とFXと。

一口馬主とFXと。

生活

インフルエンザにかかりました。~お医者さんで見てもらったこと~

シルクホースクラブ全頭血統診断

実は人生で初めてのインフルエンザの罹患でした。
その過程で知ったこと、体験したことを書いてみたいと思います。

家族内感染から始まった

先週末、息子が大変調子の悪そうな顔で学校から帰ってきました。
どうしたのか聞くと、何か頭が痛い、うーん節々が痛いと、小学校3年生らしからぬコメントを残してその日はぱっぱと寝てしまった。
翌日朝、熱を測ると38度近くの発熱。これは、おそらくインフル臭いなーと思いつつ、母親が病院へ連れて行きました。
けっか、予想通りインフルエンザ。A型だったそうな。
サーそうなると、下の子に移らないように隔離しなきゃいけないし、しかし、息子にも飯を食わせてやらなならぬし、どうしても接触せざるを得ない面がいくつかあるので、親はその時点で感染覚悟で介抱しますよね。

週明けの月曜日。母親はたまたま仕事が休みでした。
自分はその時点で体調も悪くなく、会社へ。
火曜日、母親は仕事で水曜日は休みだから、母親の母親、息子からしたらおばーちゃんに来てもらうかどうかという話をしていたのですが、月曜日の夜から自分がどうにもちょうしがわるくなってきていました。そして火曜日朝、頭痛と関節痛、悪寒が走りました。
家族にインフル罹患者がいますので、当然インフルエンザを疑います。
大事を取って火曜日(から)お休みを取りました。
この時点で、息子のインフルエンザ外出禁止期間はほぼ私も家にいることになりそうでした。

インフルエンザ罹患検出条件

火曜日朝の時点ではまだ熱がなく、悪寒が走る程度でしたので、まだ医者にはいかず、症状が改善されるようなら水曜日には出社しようと思っていました。火曜日の夕方あたりには熱が37度前後くらいまで上がってきて、のどの痛み、頭痛、悪寒が激しくなってきたため、かかりつけの内科医院に向かいました。
家族内にインフルエンザ罹患者がいることを伝えたところ、症状もそのままインフルエンザの症状だしおそらくインフルエンザだろうが検査をしようということで検査をしました。
が、未検出。

インフルエンザは発熱してから24時間経過しないと、検出できないので、明日もう一回来てください

とのこと。まだこの時点では熱も37度行くか行かないか程度で、ほかの症状も頭痛が激しい程度で、インフルエンザとしては、まだまだ弱い症状でした。
翌日水曜日。
まず、最初にインフルエンザに罹った息子はインフルエンザの峠を越えすでに快復に向かいつつある感じでした。
しかし、インフルエンザは本人が快復しても感染力を持ったウィルスは保持したままだそうで、罹患してから5日間は感染力があるそうです。
なので、木曜日まで外出禁止とされていて、家で寝ているしかない状態です。
そして、私は今がピークでしょうか。朝に熱を測ったら39度近くあります。
どう見てもインフルエンザ、もしくは結構な風邪をひいていることになります。
どっちにしても医者にかかる必要があるレベルの発熱ですから朝一番に内科医院へ。
先生も昨日みていることもあり、現状の症状、(咳・悪寒・発熱・関節痛・頭痛など)を確認し、インフル検査へ。
結果、また検出できず。
自分自身の平熱は36度前後なので私からしたら37度の熱が出てからもう24時間経過していると思っていたのだが、医師の判断としては、昨日の夕方頃からが発熱ではないかということでした。
そこで医師から、今日の夕方、18時(18時が閉院時間)ギリギリに来てください。もう一回検査しましょう。ということになりました。

18時、3回目の検査。結果インフルエンザA型検出。
私の場合、息子がインフルに罹患したことと、頭痛と悪寒が早くから始まったため、イメージ的には2日間待たされたイメージですが、確かに発熱といえる発熱から24時間程度で検出できたことになります。
治療薬(飲み薬)をいただいてすぐに飲みました。
翌朝にはもうほとんどの症状が緩和され、体は元気になっています。

いろんな症状が出ました

私自身が、このインフルエンザに罹患して出た症状です。
薬の副作用的なものもあるのかなと思います。

頭痛

発熱より先に私はどうしても書きたかったのが頭痛です。
もともと頭痛もちの私が頭が割れるくらい痛いと思ったほどの頭痛が襲ってきました。
一番ひどかったのが1回目にお医者様に行った日の夜。ようは、発熱が始まったと思われる初夜です。
冗談抜きで寝ていられないレベルの頭痛でした。
実は未検出ながら症状が出ていたため、鎮痛剤や鎮咳剤をもらっていたので、鎮痛剤をすでに投与していましたが、仮に最大10の痛みだったとして、鎮痛剤を飲んで8か7になる程度しか痛みが治まらなかったです。そして、1度投与したら最低6時間は空けるように指導がある薬ですから、きっちり6時間おきに飲み続けていたくらい頭痛はひどかったです。
こちら、インフルエンザ治療薬を飲んだ日の夜寝る前まで頭痛はひどく、それ以降はぱったり収まり、今現在は薬も飲まなくても大丈夫になりました。

発熱

インフルエンザのもっとも代表的な症状は高熱でしょう。
私も発熱が始まってからは治療薬を投与するまで熱は出続けました。
発熱をすると頭がボーッとして思考が進まなくなりますよね。

私はそこまでひどくなかったですが咳と痰が風邪よりひどく出るそうです。
我が息子は声が変わるくらいひどくなりました。
こちらは治療薬を投与してからも一定期間続きます。

関節痛

いわゆる節々が痛いという症状です。
私は関節の痛みと一緒に、皮膚がピリピリする感じの症状も出ました。
なんといいますか、さすってもらっていないと痛くておれないという感じの痛みです。

悪寒

おそらくこれは最後に書く発汗にもつながるんだと思いますが、何となくうすら寒い感じです。
しかし、発熱しているし、寒いんだけど暑い。。。そんな矛盾した感じです。

発汗

今回のインフルエンザで一番つらかったのは頭痛でしたが、一番気持ち悪いなーと思ったのがこの発汗でした。
夜中にはっと目が覚めると、まるで布団の上からバケツで水でも掛けられたかのようなレベルで汗をかいていて、大変なことになっていました。
実際に、息子に背中を拭いてもらったときにシャワーでも浴びたのではないかというくらいに汗だくになっているといわれたのでそんな『感じ』なわけではなく、本当に発汗していたようです。

下痢

おそらく薬の成分が当たって下痢の症状になるのだと思います。
何とも言えない便が出ます。
悪いものを食べて当たったときの便とは違い、重く水っぽいは水っぽいがなんというか中身がないというか、おそらく薬の成分からくるのではないかと思います。

そこからの痔?

たぶんその薬の成分が肛門当たりの粘膜に強く当たるんだと思います。
便意を催して用を足そうとするのですが、次第に痛いというか、染みる感じで、もう踏ん張りたくない。できることなら出したくない。。。と思えてくるくらいです。
こちらも、症状がどんどん緩和され薬を飲まなくなった分だけ、その感じもなくなってきているのでおそらくやはりこの病気一連から来ていて、中でもやはり薬ではないかなと思いました。

Return Top