一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

バトルフロント近況~2021.05.06~

サラブレッドクラブライオンよりバトルフロントの近況が報告されました。

5/9(日)東京競馬第4レース、3歳未勝利、芝1800m、15頭立て、戸崎圭太騎手騎乗でデビューいたします。発走時刻は午前11時35分です。 5/5にはウッドチップコースにて最終追い切りを小野寺騎手を背に併せ馬で消化しています。5ハロン70.6秒、3ハロン39.5秒、ラスト1ハロン13.3秒の時計を馬なりでマーク。併せたハイアンドシーク(3歳未勝利、馬ナリ)の内を0.4秒追走し0.4秒遅れています。 大竹調教師は「今週は障害で活躍しているジョッキーの小野寺に乗ってもらって追い切りました。着実に内容は良くなっていますし、見た目の印象もひと追いごとに良くなっています。しかし、最後は苦しそうな息遣いに感じたようで、やはりそのあたりがポイントになるかもしれません。実戦でさらに上のパフォーマンスが求められますが、苦しくなってもひと踏ん張りが利いてほしいですね。鞍上は戸崎に依頼しています。マネージャーが熱心に様々な馬の調教を確認しており、バトルの動きも評価していたようで快諾してくれました。期待と不安が入り混じっていますが、なんとか頑張ってほしいですね」とコメントしていました。ご声援よろしくお願いいたします。

いよいよデビューにこぎつけましたね。
調教タイムも悪くなく、想定人気では4番人気程度と予想されています。
ライバルになる人気馬たちも、勝ちきれていない馬が多いので、案外と一発あるかもしれません。
鞍上はトップジョッキーの戸崎騎手ですし、期待の大きさが現れているといえるかもしれません。
なんとか勝ち上がりの目途が立つくらいの走りはしてもらいたいものですね。

楽しみです。

Return Top