日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。

サイト内検索

【ハイドバウンドの20】(牡)~投資のための血統診断~東京サラブレッドクラブ

【ハイドバウンドの20】(牡)~投資のための血統診断~東京サラブレッドクラブ

競走馬名未定/ハイドバウンド20/ハイドバウンドの20/ハイドバウンドの2020/ハイドバウンド2020

このページはハイドバウンドの20の血統診断(適性データ)です。

公開している診断データは馬場・距離の適正傾向と脚質傾向を無料にて公開しているデータになります。
勝ち上がりの可能性や期待できる獲得賞金などのデータも算出できます(有償)。ご興味のある方は当サイトのツイッターをフォローの上、ダイレクトメールにてお問い合わせくださいませ。

勝ち上がり・期待獲得賞金

【競走馬名未定】(ハイドバウンドの20)血統診断
競走馬詳細

父:レッドファルクス(父の父:スウェプトオーヴァーボード)
母:ハイドバウンド(母の父:Grand Slam)
性別:牡
募集総額:『価格未定』万円(適正価格予測:1,208万円)
クラブ:東京サラブレッドクラブ
【競走馬名未定】(ハイドバウンドの2020)

重要指標データ(1勝以上できると仮定した場合の指標データ)
勝ち上がり確率:【総合評価勝ち上がり】20%(全体平均31%)【母系勝ち上がり】64.103%(サンプル数39頭)
期待できる獲得賞金:20,061,000円(±0円)
期待獲得賞金の幅:0円~0万円
獲得賞金中央値:20,061,000円
1億以上の獲得賞金の馬:0%(0/5)(全体:1.84%、牡:2.65%、牝:0.95%)
5000万以上の獲得賞金の馬:0%(0/5)(全体:4.05%、牡:4.87%、牝:2.78%)
3000万以上の獲得賞金の馬:0%(0/5)(全体:4.83%、牡:5.37%、牝:3.8%)
期待出走数:28走
期待勝利数:2勝
適正募集価格:1,208万円
芝適性:勝率:7.69%(2/26)
ダート適性:勝率:0%(0/11)

※上記のデータは1勝(未勝利・新馬戦)以上できた場合の期待値を示したデータです。
※獲得賞金の幅データにつきましては、未出走引退からごく一般的な産駒輩出だった場合の最大獲得賞金です。重賞級以上が出る場合については考慮しておりません。

ハイドバウンドの20の総合評価

ハイドバウンドの20の全体評価
サンプル頭数:5頭
勝ち上がり確率:20%(全体平均31%)
期待獲得賞金:4,096,200円(±6,385,920円)
獲得賞金中央値:0円
期待出走数:9.4走
期待勝利数:0.8勝
ハイドバウンドの20JRAで勝ち上がりできた場合の全体評価
サンプル頭数:1頭
期待獲得賞金:20,061,000円(±0円)
獲得賞金中央値:20,061,000円
期待出走数:28走
期待勝利数:2勝

※競走馬の成績は1勝できた競走馬とできなかった競走馬で最終的な獲得賞金に大きな違いが出ます。
正当な評価を下すために、未勝利馬も含んだ評価と、中央競馬で1勝以上できた競走馬だけでの評価を分けております。

ハイドバウンドの20の母系評価
勝ち上がり確率:64.103%(サンプル数39頭)
期待獲得賞金:14,039,872円(±12,590,009円)
獲得賞金中央値:8,500,000円

距離適性・馬場適正

【競走馬名未定】(ハイドバウンドの20)血統診断
競走馬詳細

父:レッドファルクス(父の父:スウェプトオーヴァーボード)
母:ハイドバウンド(母の父:Grand Slam)
性別:牡
募集総額:『価格未定』万円
クラブ:東京サラブレッドクラブ
サンプル頭数:5頭
netkeiba.com【競走馬名未定】(ハイドバウンドの2020)

ハイドバウンドの20の血統診断データ

期待出走数

28走

期待勝利数

2勝

全体の勝率

5.41%(サンプル総数:37走)
芝勝率
7.69%(2/26)
ダート勝率
0%(0/11)
障害勝率
0%(0/0)
ハイドバウンドの20の馬場適正

ハイドバウンドの20の芝・ダート適性(全体出走:37回)

ハイドバウンドの20のサンプルデータからは、圧倒的に芝での出走ケースが多く(芝:70.27%・ダート:29.73%)、芝適性があると言える。
新馬のうちは調教師もそう考えて育成・出走させてくるものと想定される。この特徴から、ダートはあまり期待できない傾向があるかもしれない。

ハイドバウンドの20の距離傾向

ハイドバウンドの20の距離傾向

ハイドバウンドの20のサンプルデータからは、短距離(1600m以下)に適性がありそうです。
マイル以下のレースは2歳戦からたくさん準備されているのでレースの選択肢の幅は広いと考えられます。また古馬になってからもスプリント・マイルのG1体系がそろっていますので、出走レースに困ることはないでしょう。

ハイドバウンドの20の脚質傾向

ハイドバウンドの20の脚質傾向

ハイドバウンドの20のサンプルデータからは、差し・追い込みが逃げ・先行より多いようです。このことから、切れ味の鋭い馬が良く出ているようです。
追込み脚質が最も多いようです。これは血統分析的には大変珍しいです。最後の直線で他馬をごぼう抜きという見ている方としては最も格好良く気持ちのいい脚質かもしれませんが、後方から一気に追い上げるわけですから、後方から追い上げかなわず2~3着や、後方集団から抜け出ることができなくそのまま最後方ということもよくあります。一瞬の切れ味と、直線持たれずその切れ味を維持できるかどうかが見極めのポイントになりそうです。

Return Top