日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。

サイト内検索

一口馬主ポートフォリオ~2021年7月の状況~

2歳馬デビューも続々という7月。
逆に3歳未勝利戦がどんどん残り少なくなってくる季節です。
もうちょっとで未勝利戦も終了します。
私の出資馬くんたちもまだ未勝利馬がおります。
さて、どうなっていくのでしょう。

また、ミンナノヒーロー君が、、、悲しい結果となってしまいました。
本来はJRAに復帰した時点で公開しようと書き溜めてきていたレガシーページがありましたが、急きょ公開させていただきました。

ミンナノヒーロー

ミンナノヒーローは、地方競馬下級条件とはいえ4戦3勝2着1回という、強烈な戦績を残しました。
この4戦3勝というのは母の父オグリキャップのデビューからの4戦の競走成績を上回ります。

ミンナノヒーロー号のご冥福を心より祈り申し上げます

アイ君、ありがとう。

バトルフロント

生き残りをかけて最後の戦いに挑むバトルフロント。

バトルフロント近況~2021.07.01~

勝ち上がれなければこれで最後のトレセンとなる可能性があるバトルフロント。
生き残りをかけて入厩しました。
馬体がまだまだ細く、成長途上のようにも見えますね。
地方なら走れそうなのであれば一旦地方でしっかり力を付けてくるのもいいのではないかと思っています。

バトルフロント近況~2021.07.08~

出走が決まりました。
勝ち負けとまで言わずとも、次が見据えられる走りをしなければ、おそらくもう次はありません。

バトルフロント近況~2021.07.10~

一番期待していたお馬さんだったのですが、正直今走については何一ついいところを出さないままゴールしたという印象です。
やっぱり、体つき全体が細く、つくべき肉がついていない印象です。
もしかしたらもう少ししてこないと本格化しないのかもしれませんが、それにしたって今走の惨敗はいただけません。
現状ではJRA出走は厳しいと判断するしかないのではないでしょうか。

バトルフロント近況~2021.07.15~

まだ先行きは明確に決まっておりませんが、おそらく終戦となるでしょう。。。
問題は地方に行くか、サラオクに行くかというところにになりそうです。

ファンド解散…サラオクへ

バトルフロント近況~2021.07.19~

ファンド解散が決定しました。
今後はサラオクということだそうです。
ハーツクライ産駒の牡馬で好馬体の持ち主でしたので、クラシックも意識していました。
しかし、運命というのでしょうかタイミングというのでしょうか、全ての予定が狂ってしまった一頭となってしまいましたね。
サラオクで買い手も付いたようですし、おそらく地方競馬で走ることになるのでしょう。新天地で頑張ってほしいものです。

オンヴァガニエ

そろそろ本格育成に向かいそうなオンヴァガニエ

オンヴァガニエ近況~2021.07.15~

少し強めの調教に入ってきていますが、どうでしょう。未勝利戦があるうちに間に合うかどうかは微妙なところでしょうか。

オンヴァガニエ近況~2021.07.31~

やはり未勝利戦は間に合いそうにないようですね。
私はそれであれば地方から再出発というのがいいと思っています。
格上挑戦で1勝Cからという考えもありますが、無理に仕上げるのは当馬にはよくないと思います。
コメントの通り本当に素質があるのであればなおのことそう思います。

フォルティウス

デビューに向けて順調なフォルティウス。

フォルティウス近況~2021.07.01~

順調ならデビュー戦が決まりそうですね。
調教内容が結構いいと思われますので初戦からもしかしたら。。。なんていう淡い期待を抱かせます。

フォルティウス近況~2021.07.09~

出走が決まりました。
緒戦であること、ゲートの出が悪いこと、ハミを取っていきたがること、など色々ネガティブ要素はありますが、調教はそこそこ走っていますし、少しくらい見どころを作ってくれればいいなと思います。

フォルティウス近況~2021.07.11~

着順こそ良くありませんでしたが、初戦であること、想定通りで送れたことなど、いろいろありながらも直線は一瞬の切れ味を見せられたことなどを考えると、次は今より良くなりそうな気がしました。
ただ、調教師も戦前から言っておられますが、なにぶん時間がない、未勝利戦が数少なくなっていることがやはりこの馬にとっては重いでしょう。
新潟の短距離ダート戦に挑むのであれば、考え方としては地方交流戦なんかもいいんではないかと思ったりしてしまいますね。

フォルティウス近況~2021.07.15~

こちらは、バトルフロントとは少し違って、まだ先がありそうな気配ですね。
次戦、勝ち上がりできなければ、地方から再出発となる可能性が高いのではないかと思います。

フォルティウス近況~2021.07.31~

ここにきてソエチクですね。
当馬については全く通用しないということはなさそうな気配があることからも、間に合いそうなら地方交流戦などできっちり勝ち上がっておくのもいいのではないかと思います。

ロンコーネ

じっくりご褒美放牧中のロンコーネ。

ロンコーネ近況~2021.07.15~

初秋の再始動が視野とのことで、8月半ばにも入厩というところでしょうか。

正直なところ、ここまでもうだいぶリフレッシュもできたことだろうし早いところトレセンに入って次のレースを見据えて調教再開してくれればいいのにと思っていました。
しかし、ミンナノヒーローのようなこともありますから。
不安はすべての取り除いて入厩としてほしいとつくづく感じました。

ロンコーネ近況~2021.07.31~

充実一途という感じのコメントが並びましたね。
これなら、札幌あたりで一回使ってみたらいいのにな。。なんて思ったりします。
JRAの出走規定では入厩して10日経過していれば出走できる。逆に言えば10日経過していないと出走できないので、今入厩したとしても、お盆のレースですね。
そういうペースを考えると、そろそろ帰厩してどんな感じのローテーションになっても対応できるように備えておくのもいいと思うのですが。

ラヴォラーレ

8月の大一番に向け順調なラヴォラーレ。

ラヴォラーレ近況~2021.07.02~

そろそろ帰厩の声がかかりそうかなというところですね。
元々使ってよくなるタイプと思われますので、早めに帰厩してしっかり乗り込んでおくことも必要かもしれませんね。
期待ばかりがどんどん高まっていきますw

ラヴォラーレ近況~2021.07.09~

そろそろ帰厩してトレセンでしっかり絞っていくタイミングになりそうでしょうか。
自己条件戦ではなく格上の重賞。しかも、出ようと思ったら出られたであろうユニコーンSやジャパンダートダービー(JDD)へ向かわず、短期リフレッシュ放牧を挟みました。
計画通りなのだと思いますがお馬さん自身はしっかりリフレッシュできたこと、パンプアップしたことなどを考えると、いい方向に行ったのではないかと思います。
予定しているレパードSは、ラヴォラーレにとって距離は少し短いかもしれません。短い分はしっかり足をためることと、前目に付けて押し切りにかかるために使っていただけると思っています。
うまくすれば勝ち負けの可能性があると思っています。

16日に帰厩となりました!

動画を見ると、ちょうどいいくらいの太め残しで、ここからしっかり絞って鍛えることで仕上がってきそうですね。

ラヴォラーレ近況~2021.07.21~

追い切りも上々の手ごたえだったようですね。
レパードSの鞍上は原騎手から乗り替わりで菅原騎手という想定になりました。
2勝あげたのは原騎手なので、ここは原騎手に。。。という意見も多いようですが、私は菅原騎手のラヴォラーレももう一度見てみたい気がしています。
秋の大きなところ(JBCやチャンピオンC、東京大賞典など)を見据えているのならなおのことほかの騎手での様子も見ておくべきかと思います。

重賞に向けて追い切り!

ラヴォラーレ近況~2021.07.28~

上々の追い切りタイムで先着しました。
相手は同世代牝馬格下クラスとはいえ0.4秒の先着は特筆ですね。
実はここまでラヴォラーレは調教で目に見える差をつけた先着をしたことがないんです。
馬が競馬を覚え始めたといったところなんじゃないかと思っています。
当日は単勝をしっかり勝って応援したいと思います。

ケリーズノベル

ケリーズノベル近況~2021.07.02~

帰厩の声もかかってきそうなケリーズノベル。
ハーツクライ産駒で少しうるさいくらいというのはうれしいですね。
ハーツクライ産駒のネガティブ要素は、前進気勢がない気性と、ノド鳴りです。
今のところノドナリの兆候は見せていませんし、チャカつくくらいの性格とのことなので前進気勢についても心配はなさそうです。

ケリーズノベル近況~2021.07.09~

もともと、遅生まれのハーツクライですから、ここまではできすぎといってもいいほどの進度です。
それでも、そろそろ帰厩の声がかかりそうな気配ですね。

ケリーズノベル近況~2021.07.16~

そろそろ帰厩の声もかかりそうですね。

ケリーズノベル近況~2021.07.30~

馬体写真を見ても、もう少しトモに肉が欲しいところですね。
やはりハーツの遅生まれの仔ですからここから成長曲線を描くと考えるとここまでは素質のみという考えでいいのかと思います。

カルトゥーシュ

カルトゥーシュ近況~2021.07.01~

本州移動の目途が立ってきたカルトゥーシュです。
夏前には...とコメントが出てきましたので近々移動になるかもしれません。

カルトゥーシュ近況~2021.07.15~

本州へ移動しました、想定より早い感じかもしれませんね。
このペースなら秋から冬にかけて、2歳のうちにデビューはできそうですね。

本年2歳馬から3歳新馬戦がなくなりますから、ほとんどのお馬さんたちは前倒しでデビューしている感じになっています。

カルトゥーシュ近況~2021.07.28~

カルトゥーシュ近況~2021.07.30~

入厩そしてゲート試験合格リフレッシュ放牧となりました。
予定通りという感じですが、順調ですね。
これなら年内にデビューは確実でしょう。

メッセージソング

メッセージソング近況~2021.07.01~

本州移動の予定が出てきたメッセージソング。
骨片除去手術の後は順調に乗りこまれ、ここまではほかの馬に追いつけ追い越せで育成されてきました。
ここにきて馬体の成長も著しく、見栄えのする馬体になったなと思います。

移動の声がかかりました。
しかしながら、本州移動の際に急きょ移動が延期となりました。

メッセージソング近況~2021.07.15~

移動が延期になったのはどうやら厩舎の馬房の関係だったようで、本馬の育成に影響があったわけではなくホッとしています。
現在は3歳未勝利戦ラストチャンスというタイミングなので、優先して3歳未勝利馬を入れているのでしょう。
とはいえ、次はデビューを控える2歳馬が大挙してやってきます。
調教師さんはバランスを取って運営していただければと思います。

エメヴィベール

ノド鳴りの手術を2回終えたエメヴィベール。

エメヴィベール近況~2021.07.15~

手術後の経過は順調のようですね。
それにしても570㎏まで行きましたね。。。絞っていかないと絞り切れなくなりそう。。。

エメヴィベール近況~2021.07.30~

順調は順調ですね。
あとはきっちり絞り込んでいく必要がありそうです。

インパクトベースン

再度放牧での育成に入ったインパクトベースン。

インパクトベースン近況~2021.07.15~

そろそろ帰厩の声がかかってもいい気もしますね。

インパクトベースン近況~2021.07.31~

秋口の入厩ということでおそらく9月になったら入厩というところでしょうか。
そうなると9月下旬から10月上旬あたりに出走となりそうでしょうか。
母系がしっかりした系統なので、しっかり勝ち上がってコツコツ積み上げて行ってほしいお馬さんの一頭です。

イエヴァンポルッカ

いよいよデビューに向け再入厩となったイエヴァンポルッカ。

イエヴァンポルッカ近況~2021.07.02~

いよいよデビューが近づいてきました。
まだまだ鹿毛にしか見えないので、このうちに勝ち上がって、来年のクラシックシーズンあたりで白くなり始めて、こんな馬いたっけ?っていう感じで驚かせてもらいたいものですw

イエヴァンポルッカ近況~2021.07.08~

調教時計も悪くないですし、何より調教師が柔らかいことを強調していますね。
また、ダートに強い伊藤調教師をもってして、芝で走らせたいと言わせるあたりもそういう素質があるということなのでしょうか。
実際のキズナ産駒はダートも行ける馬が多いため、まずは芝を試してみてダメそうならダートという選択肢もありそうです。

イエヴァンポルッカ近況~2021.07.15~

次週あたりにもデビュー戦がどの番組になるか決まりそうです。

イエヴァンポルッカ近況~2021.07.29~

8月8日函館でデビュー予定となり、1週前追い切りを行いました。
調教タイムがいい時計で、初戦から期待できそうな気配ですね。
現在馬体はまだ鹿毛が強いのか、白くなってきたのかわかりませんがw、茶色いうちにみんなの脳裏に焼き付けるような走りをしていただいて、クラシックシーズンには白くなっていてほしいですw
あれ?あの馬って白かったっけ?
ってなるのが楽しみですw

フィニッシュムーヴ

なかなか本州移動が決まらないフィニッシュムーヴです。

フィニッシュムーヴ近況~2021.07.13~

牧場サイドからのコメントを考えると、軽くて重みのある力、一言で言えばパワーがないのでしょう。
F1カーのような、フラットなコースでならスピードも出せるけど、起伏があったりぬかるみだったり。
そう言ったときに走り切るパワーがないということなのかなと思いました。
それでも、14-14まで進んでいますから、そう遠くないうちに本州に移動するでしょう。

フィニッシュムーヴ近況~2021.07.27~

13秒を切るタイムで走破し始めましたね。
体質的にはあまり強くないようですので基礎体力の向上という段階になりそうですね。
このお馬さんの場合現在、1歳馬2口以上でプレゼント対象のお馬さんになっている絡みもあって入厩はもうちょっと先かもしれませんねw

ミンナノヒーロー

再ファンド予定のミンナノヒーロ-。

7月6日に盛岡で出走を予定されていましたが回避しました。

ミンナノヒーロー近況~2021.07.02~

元々脚元が強いとは言えないミンナノヒーローですから、少しでも不安があるのであれば出走を控えるので正解だと思います。
まず、JRAへの復帰要件はすでに叶えているので、無理をする必要はありません。
しっかり体質を改善しながらJRAで渡り合って行けるようになってもらえたらと思います。

ミンナノヒーロー近況~2021.07.09~

20日に出走する予定となりました。
脚元の弱さとは永遠に付き合っていかなければいけないのでしょう。
しかし、それでも少しでも状態をよく、良い状態を維持したままJRAに戻したいということもあって、しっかり間隔をあけて、ちょっとの熱感もケアしながらここまで進んできました。
クラス的にはまだまだ下のクラスですから、勝ち負けより、脚元を気にしていただくことと、勝ち方にこだわってもらいたいと思います。

7月20日。。。天に召される

20日。ミンナノヒーローは盛岡競馬場で予後不良と診断され天に召されました。

こんなに愛嬌があって、地方の下級クラスなのに人気があったお馬さんはいないと思います。
向こうでお父さんのゴールドアリュール、父方のおじいちゃんのサンデーサイレンス、そして、母方のおじいちゃんであるオグリキャップにたくさん甘えてね。

ミンナノヒーロー

2020年度産駒の募集が始まる

2022年にデビューを迎えていくことになる2020年度産駒。各クラブで募集が始まっています。
まずは、当一口馬主ポートフォリオで、20年度産駒出資第一号になったのは、ローレルクラブのフレンチナデシコ20となりました。

【フレンチナデシコの20】(牡)~投資のための血統診断~ローレルクラブ

 

フレンチナデシコ20に出資いたしました。

また、7月25日から、シルクホースクラブの20年度産駒の募集が始まっています。
もちろん20年度産駒も応募します。4頭ほどピックアップし、抽優枠をどのお馬さんに使うか検討しております。
1頭は何とか取りたいと思っていますし、できれば2~3頭ほど取れれば楽になるのですが。。。

サラブレッドクラブライオンは7月半ばに開催されたセレクトセールで結構20年度産駒を購入されました。
また、昨年も20年度産駒を何頭か購入していますし、東北で開催されたセールでも1頭購入されています。
元々ライオン由来の血統のお馬さんも何頭かラインナップに入ってくるでしょうし、面白そうなお馬さんも何頭かいます。

私は今3クラブでポートフォリオを組んでいますがこの3クラブで20年度産駒も5~8頭程度は行けるかなと思っています。

ブレイブライオン

ポートフォリオ外ではありますが、夢出資のブレイブライオン。

ブレイブライオン近況~2021.07.15~

ブレイブライオン近況~2021.07.31~

慌てないこと、とはいえ順調なこともあって、そろそろ帰厩のタイミングとレースを調教師と相談するレベルになってきたようです。
10月あたりに復帰戦というのが今のところ最短でしょうか。
年内には復帰戦に挑む形だとは思いますが、あまりのんびりしすぎてもダメな気もします。
なににせよ楽しみになってきました。

編集後記

ミンナノヒーロー。
もうこの先、レガシーページで戦績を追加する必要が無くなったという空虚が襲ってきています。
地方の下級クラスの一競走馬でしたが、なんというのでしょうか。愛嬌があって、そして強い。
実際中央に戻ってどこまで走れたかなどわかる由もありませんが、弱くても良かった。
せめて立っていてくれれば。。。と思わずにはおれません。

もっとつらい思いをしているのは地方所属の間、馬主として管理してくれた生産牧場さんでしょう。
もし、墓石を建てるのであれば少し協力させてもらいたいと思っています。

過去のポートフォリオ日記

Return Top