日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。

サイト内検索

イエヴァンポルッカ近況~2021.08.22~

イエヴァンポルッカ近況~2021.08.22~

サラブレッドクラブライオンよりイエヴァンポルッカの近況が報告されました。

8/22(日)札幌競馬第1レース、2歳未勝利、芝1500m、13頭立て、坂井瑠星騎手騎乗で出走し見事優勝。馬体重は前走より+2kg、470kgでした。 伊藤圭三調教師は「おめでとうございました。ジョッキーと事前に話していたレース内容ではありませんでしたが、この短い直線であれだけの脚を使ってくれたのは素質の高さですね。ジョッキーは『前走は1800mで外枠だったため、先行できたと思うのですが、出てから一歩目、二歩目が速くありません。そのため、後方からのレースになってしまいました。稽古の段階から良い馬だと感じていましたし、返し馬の雰囲気も良かったです。想定していたレース内容ではありませんでしたが、能力の高さだけで勝ち切ってくれました。急かさない競馬ができれば1800mまではもつと思いますし、これからも楽しみですね。乗せていただき、ありがとうございました』と言っていました。期待していた馬ながら、初戦が思っているほどのレースができませんでしたが、早めに勝ち上がれてホッとしています。今後も楽しみですね。この後は美浦に戻したうえで放牧に出そうと思います。本日はありがとうございました」とコメントしていました。今後については厩舎に戻って状態を確認しながら検討いたします。

とのことです。

勝ち上がりおめでとうございます。
ビックリだったのは、まずは前走よりプラス体重だったことがまず一つ。
あれだけ重い、太め残しといわれたのに更なるプラス体重にはちょっとびっくりでした。
多少太目感もありました。
そして、太目感も残しつつで、あの直線の切れでした。
ほぼ最後方まで下がってしまったうえで、内枠から大外に持ち出してから直線だけでごぼう抜きです。騎手も調教師も、思ったような騎乗じゃなかったのに勝ち上がったことについては驚きだったようです。
何にせよ勝ちは勝ちです。

8月のうちに勝ち上がれたのはかなり大きいですね。
一度間をおいて、それからということになりそうですが、この時期に勝ち上がりですから、放牧に出てrefreshしたとしても、2歳戦の大一番に向かえる可能性は大いにありますね。
さしあたりサウジアラビアRC・デイリー杯2歳Sと、マイルの重賞もあります。

ここからがポイントですが当馬にはダート戦での活躍も大いにありえるわけです、どこかで一度ダート戦を使ってもらうのもいいかともいます、先が広がって楽しみが増えました。

Return Top