一口馬主とFXと。

一口馬主を投資と考えて無償で血統診断。FXと一口馬主で食べていきたいと思っています。

サイト内検索

FX投資通貨ペアの削減

魔法の方程式EAで全7通貨ペアで投資を行っていましたが、メイン通貨ペアのUSD/JPY一本に絞りました。

成績のいい通貨ペアだけを残す

魔法の方程式は他通貨でバックテストの実績があるEAですが、他通貨ペアで運用した場合、複利で、損失も計上されていきます。
どの通貨ペアも通貨ペア単位で見たら、ドローダウンもそんなに悪くないのですが、7通貨ペア同時にやると、複利でドローダウンも膨らみます。

ポンドがらみがうまく浮上しない

ポンド・円や、ポンド・ドルといった、英ポンドがらみの通貨ペアが軒並み悪く、右下一直線というグラフを描いてしまっています。
これは、EU離脱の影響で、ポンド通貨自体の方向感が失われ、セオリーからかなり逸脱した値動きをしたことからだと思います。
なんで、この先は次第に安定してくるのでしょうが。。。

安定のUSD/JPY

もともとこのEA自身の開発の基準はUSD/JPYです。
なので、USD/JPYは安定しており、この半年間も安定したプラス収支を計上しています。

他のEAも同時に運用

いまは、魔法の方程式EAを他通貨で運用するという考えより、ほかのEAを同時に運用することで多数取引を実現しております。
現在は買ってきたEAを合計で6個運用しています。

ロジックが違うからプラスとマイナスで食い合いすることもある
目指す方向の一つではありますが、プラス決済が出るタイミングで他のEAでマイナスの決済が発生することも頻繁ではないがおきることがあります。
その際にはマイナス取引をプラス取引でつぶすことにつながり、1日レベルの収支ではあまり負けが無い状態になりました。今は大変安定しています。

複利のEAと、固定のEA

少額資金の場合、複利での資金の増加に期待を持ちたいのが人間の心理です。
しかし、複利というのは持ち資金に合わせて投下ロットが決まるので膨らめば膨らむほどリスクも大きくなります。
固定ロットは自分で指定したロットの取引なので口座にいくら入っているかは投資の際に検討しません。
ちょっと負けが込んでも一定のロットです。複利の場合、負けが込むと投下ロットが小さくなります。
今利用しているEAの一部は固定ロットです。
もともと相対ドローダウンが低いことが売りのEAなので、投下ロットを大きくしています。
なので、1トレードで得ることができる最大利益は一番大きく(現在は)、このEAで一定の価値を積み上げ、利益が小さいが複利で回せるEAで、資金のふくらみに合わせて投下ロットを膨らますという全体像になりつつあります。
あんがい、良い組み合わせのようで、魔法の方程式のEAの他通貨をやめてからほぼ毎日プラス収支という状況になりました。
あとは、負けが深くなってしまった分を取り返す(少しロットが小さいので上げようかどうか検討中)ことができたら、あとは自動運用でどんどん資金が膨らむことを期待しています。

Return Top