日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。

サイト内検索

イエヴァンポルッカ近況~2021.09.10~

サラブレッドクラブライオンよりイエヴァンポルッカの近況が報告されました。

イエヴァンポルッカ

吉澤ステーブルEASTで調整中。現在はウォーキングマシンでの運動を行っています。 伊藤圭三調教師は「左前脚に腫れが見られたとのことで、昨日実際に牧場で確認させていただき、箇所としては屈腱部に生じているものであり、すぐに獣医師を呼んでエコー検査を受けました。結論から申し上げると、屈腱炎ではなく、疲れの範疇であるとの診断です。しかしながら、無理をすると屈腱炎の発症につながる恐れがあるため、少しの間は乗り運動を休止させていただきます。まだ未完成の若馬ですし、前走にしても強烈な決め手を発揮した半面、脚元への負担も心配しているところではありました。東京のサウジアラビアロイヤルカップは回避し、まずは脚元の状態を回復させることを優先させたいと思います。ご心配をおかけすることになってしまい、申し訳ございません」とコメントしていました。この後は脚元の状態を確認しながら騎乗再開のタイミングを図る予定です。


とのことです。

ここにきて一頓挫は大変痛いですね。ただ、現状では屈腱炎ではなく疲れの範疇だということなので、しっかり疲れを取り除いて復帰していただければいいなと思います。
それよりも吉澤ステーブルは怪我などの報告、スタッフが気を付けていれば防げたのではないかと思われる事故が多い気がしています。その点にも気を使ってもらえたらいいなと思います。

Return Top