日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。

サイト内検索

ケリーズノベル近況~2021.09.27~

ケリーズノベル近況~2021.09.27~

シルクホースクラブよりケリーズノベルの近況が報告されました。

ケリーズノベル

9/26(日)中山5R メイクデビュー中山〔芝2,000m・16頭〕14着[9人気]

チークピーシズ着用。ゆったりとしたスタートでやや後手に回ってしまうと、道中は中団のインコースから進めます。3コーナー手前から追っつけ通しになり、デビュー戦は14着で終えています。


武井亮調教師
攻め馬で感触を掴んでくれた明良(菅原明良騎手)からチークピーシズを着けた方が良いと言われましたから、レースでも着用させていただいたものの、それでもモタれたり集中力が散漫になっていたので、結果的に深いブリンカーでも良かったですかね。
かなりペースが遅かったにも関わらず、勝負所ではもう鞍上の手が動きっぱなしで、やはりワンペースな部分がどうしてもあります。
騎乗した明良も『調教からスピードが足りない感じはしていたものの、やはり実戦でも同じような印象を受けました。ワンペースさを補うためにダート替わりさせるか、距離を延ばした方が良いと思いますね。あとは、ゲート裏でピーピー鳴いていましたし、道中も気持ちが前向きでは無いですから、その辺りも改善して欲しいところです』と話していました。
馬っぷりが良くてとても見映えのする馬体ではありますが、その体の良さを活かせていないですし、5月生まれと言うこともあるので長い目で見ていただければと思います。
また、目の状態に関しては、レース当該週にJRAの獣医師に診てもらったところ、『今のところは問題無さそうだ』との事でしたが、トレセンへ戻っても変化が無いか見ておきたいと思います


とのことです。

どうにも走るというピントに合っていない感じのようですね。
菅原騎手が言う通り、距離延長すればありえるかもしれませんがこの時期に2000m以上のレースとなるとなかなかありません。
ダートの中距離戦があるようならぜひ一度試してみてもらいたいですね。あとは、首の高さが大問題だと思っています。伝達すべき力が全部上に逃げている感じで、前に向いていないのは明らかです。確かにブリンカーなどによって効果が表れるかもしれませんね。

Return Top