日曜日の静寂

静かに。そして、強く生きていきたい。一口馬主とFXと。

サイト内検索

ラヴォラーレ近況~2021.10.15~

ローレルクラブよりラヴォラーレの近況が報告されました。

ラヴォラーレ

引き続きダートコース3300mと坂路2本を17秒ペースのキャンター調教を行なっています。

風間ファーム社長

体調は安定していていますし、落ち着いて調教が進められていますので、調教量を増やしながら徐々にペースも上げています。
武市先生からの指示で、来週は強めの調教を行なう予定にしていて、その様子を確認して問題なければ、再来週に帰厩させるそうです


とのことです。

美和
次戦に向けて帰厩の予定も出てきましたね。
静寂さん
うん。18年度産駒が実質初年度のポートフォリオの中では出世頭のラヴォラーレ。獲得賞金面では1クラス下のロンコーネと変わらないんだけどね。
美和
そっか、ラヴォラーレは、未勝利戦を勝ち上がった後、連勝で1勝Cを勝ち上がったんでしたよね。
静寂さん
そうそう。ラヴォラーレはきっちり勝ちきってくれたんだwそして、僕の一口馬主経験では、初勝利もラヴォラーレ、そして初めて重賞に挑戦したお馬さんでもある
美和
前走2勝Cでは、同クラスで十分通用する力を示したうえでの5着でしたね。
静寂さん
そうだね。菅原騎手がラヴォラーレのことをどう考えているのかが現れたと思っている。その前のレパードSと前走の2勝Cで、菅原騎手は末脚に期待しているのではないかと考えられる。
足がないわけではないと思うけど、もうちょっと前につけて押し切る競馬をした方がいいようにも思うんだけどね。。。
美和
そうかもしれないですよね。2勝している原騎手は減量を活かしながら前目から粘り込んでの勝利という走りでしたもんね。
静寂さん
そうだね。
ただね。こうも見れるんだ。マヤノトップガンの主戦だった田原騎手を思い出すこともあるんだよね。菊花賞・そして有馬記念と、ほぼ逃げて勝ったようなG1勝利をしている馬で古馬になってから思うことがあると言って、真逆の追込み戦法に変えたんだよね。そして、あの天皇賞春だ。名実況があったよね。外から何かが飛んでくる、マヤノトップガンだ!ってやつねw
乗っている人にしかわからない何かがあるのかもしれないね。
もし、次あたりも菅原騎手が騎乗するのなら、そういうことなのかもしれないと思って見守ろうと思う。
美和
たしかに、、、あそこまで原騎手と騎乗スタイルが違うってことは何か期するものがあるのかもしれませんね!

Return Top